見るヨガ

2021/08/31

手放してみる

手放してみる

 

 瞑想 

 

夜になると元気がでる私ですが(笑)

今日は珍しく朝から瞑想する時間

がとれました(^^)

 

 

 

 

瞑想しようと思ったのではなく

最初は呼吸をコントロールする

練習をしていました。

 

 

 

 

 

4カウントで息を吸い

4カウント息を止め

8カウントかけて息を吐く

 

 

そんなことを繰り返していると

瞑想に入っていました。

 

※カウント数は様々あります。

 

 

 

 

 

呼吸を繰り返していると

 

「もういいかな~?

 何分たったかな?」

 

なんて考えごとが浮かんできたり

いつの間にか数を忘れそうになる

瞬間があるんですよね... (笑)

 

 

 

 

まさに、心ここにあらずです!笑

 

 

 

 

 

 

あっちこっちに動く心(考え)が

あってもまた呼吸のコントロール

意識を戻していきます。

 

 

 

 

 

そうしているといつの間にか

呼吸していることが心地いい

んですよね。

 

 

 

 

気づけばコントロールする必要

がなくなっていました。

 

 

 

むしろ、コントロールする意識が

穏やかさのさまたげになりそう

だったので頭で数えていた

カウントを手放しました。

 

 

 

 

 

カラダは本当によくできていて

自分にとって心地いいと感じる

呼吸の流れをちゃんと覚えてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 結果まで向かったら手放す 

 

ヨガのゴールは瞑想の中に

あります。そして、ポーズも

ある意味ゴール(結果)です。

 

 

 

 

例えば、柔らかい体を目指して

るならヨガポースでは前屈して

手が足につくことが結果ですね。

 

 

 

 

やる前から諦めてしまってる

よりもゴールを決めることで

深い集中をつくることができます。

 

 

 

 

 

でも、私たちがよく勘違いして

しまのは結果にこだわって

まうことです。

 

私もそうです、、、。

 

 

 

 

 

思い通りの結果にならないと

自分の全てがダメだと思って

しまったり

 

 

挫折感からチャレンジする

気力を失ってしまったり

 

 

 

 

 

喜びを感じるためにゴールを

目指したはずなのに

 

なんだかもったいないですよね!

 

 

 

 

 

ゴールを目指し積み重ねたら

結果へこだわることを手放して

みましょう。

 

 

自分のことを信頼すること(自信)

つながっていきます。

 

 

 

 

そして、今いる場所や

心の状態、体の感覚など

 

自分自身を丁寧に感じるよう

心がけてみてください。

 

 

 

 

ここまで頑張ることができた自

分に自信がもてるかもしれないし

 

 

いい集中状態にいるかもしれない

 

 

もしかすると、なまけていた自分

反省するかもしれませんね。

 

 

 

 

 

どんな自分がいても大丈夫です。

結果ではなく自分の変化を

感じてあげると心が満たされます。