見るヨガ

2020/12/21

ときには頑張る

骨をコントロール

 

こんにちは

山崎みなみです。

 

 

 

私がヨガを始めたばかりの

体の力を抜くこと

とてもよく教わりました。

 

 

 

 

当時はストレスをいっぱいに

ため込んでいたので、参加する

ヨガはリラックス系ばかり…。

 

リラックスを選んでいるので

力を抜きなさいとアドバイス

されるのも当然ですね。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

あるヨガの先生が

「自分にとって必要なもの

体も心も知っている。」

言っていましたが本当でした!

 

 

 

 

 

 

私たちの体や心はいつでも

バランスをとるために必要

なものを探してくれています。

 

 

 

 

 

できることなら常に力を

いていたいナマケモノの私

ですが、今日はときには

頑張りましょう♪」という

お話です。

 

 

 

 

 

 

というのも、先月で62歳に

なった父が腰のヘルニアに

なり「歩けなくなるかも?!」

という衝撃を受けて、健康へ

興味を持ってくれるように

なりました。

 

 

 

 

20代からヨガを始めた私と

60代でスタートする父。

 

 

 

できることと

できないこと

 

 

それを知っておきたいと思い

シニアヨガ指導の講座を

4日間かけて学んできました

 

 

 

 

 

そこでは、ストレッチよりも

筋肉を使うこと・骨に負荷を

与えること の大切さを教わ

りました。

 

 

 

 

 

それ以来、シニア層がいる

クラスでも筋肉を育てる

ことを中心にしています。

 

 

 

 

 

正直、私でもキツイなと思う

内容もあり「辛いよね、

もういいんじゃない?」と

声をかけたくなるのですが…

 

 

ヨガに来る皆さんには

やっぱり快適な体でいてほし

いので、笑顔で応援です!(笑)

 

 

  

 

 

 

私自身、皆さんに教えるために

同じように筋力アップのヨガを

実践しました。

 

 

シニア向けとはいえ

かなり効果的トレーニング

なのでハードに感じます。

 

 

 

 

 

でも、終わった後にお尻が

キュッと引きしまる感じや

 

腰が楽で、体がスムーズに

動くのは気分がいいです。

 

 

 

 

きれいな姿勢でいることが

苦にならないどころか快適

なんです♪

 

 

 

 

 

たまには頑張ることの大切

さを、ヨガを伝える立場に

なって学びました。

 

 

 

 

 

一言で筋肉を鍛えるといっ

ても、私が頑張るのと

私よりも20年・30人生

を積み重ねた方が頑張るの

とでは全く違うことだと思

います。

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱり時には

頑張り筋肉を育てることで

 

すこしでも自由に過ごし

行きたいところに出かけ

大切な人と笑顔でいる

時間を増やしてほしいです。