見るヨガ

2020/09/07

望む人生

望む人生

 

私がヨガを伝える理由は

望む人生を生きてほしい

からです。

 

 

 

5年ほど前に出会った本で

ガラリと人生が変わりました。

 

 

 

その本からは「望めば人生は

変わる」そんな大切なことを

学びました。

 

 

 

 

これまで私が望んできたことは

 

・やせたい

・幸せになりたい

・モテたい

・明るい人になりたい

・好きなことを仕事にしたい

・いろんな価値観の人と出会いたい

お金持ちの彼氏がほしい秘密(笑)

 

 

 

 

 

その全てが叶いました。

人の夢は尽きないので

ここには書いてない

まだ叶っていない願いも

たくさんあります。

 

 

 

 

 

願いを叶えることとヨガに

どんな繋がりがあるのかと

いうと、、、

 

 

 

 

 

「願う」は、心です。

 

そして願いを叶えるまでには

必要なことを実行することが

必要になります。

 

 

 

「実行する」というのは

体を動かすということです。

 

 

 

 

 

ヨガでは心と体をつないで

いきます。今思えば、ヨガ

を初めたばかりの頃の私は

そもそも心が何なのかも

からない状態でした。

 

 

 

 

 

 

「願い」と「行動」が結びつい

ているのか、それともバラバラ

なのかもわからないまま、ただ

毎日を過ごしていく。

 

 

 

 

 

気づけば50歳にでもなって

30代はまだ若かったと言い

 

 

80歳になれば、60代はまだ

足腰が元気で何でもやれたと

言う、そんな自分の将来が見え

てしまって嫌だなと思いました。

 

 

 

 

 

嫌なものがわかれば同時に

理想も見えてきます。

 

 

 

 

 

 

ただ眺めてるだけじゃなくて

やるだけのことをやり、五感も

フルに使い自分ので体験し

「いい人生だったな」と満足して

死ねたら最高だと思ったのです。

 

 

 

 

 

実際、憧れていたものも

その世界に飛び込めば

案外、簡単に楽しめ

しまったりします。

 

 

 

 

 

 

憧れに対する大きな壁は

遠くから見るほど

より大きく見えます。

 

近づいてみれば、自分の背よ

も低く簡単に乗り越えられ

ハードルだったなんてこと

よくあります。

 

 

 

 

 

 

ただ、全てが想い通りになる

かというと、そんなこともな

いです。

 

 

 

 

 

何が叶い、何が叶わないのか

それは、やってみないと

わからないです。

 

 

 

 

 

これも、ヨガと深い関わり

があります。

 

 

 

 

 

体の柔軟性には限界がありますが

 「私は体が硬いから」

と言って何もしないのは

諦めてしまっているだけです。

 

ただの運動不足なので

動かせば柔らかくなります。

 

 

 

 

 

しかし、どんなにストレッチ

して筋肉や関節を柔らかく

してそのものを変えるこ

とはできません。

 

 

 

 

 

自分の可能性と限界は

動き続けて初めてわかります。

 

ときには、変えられないもの

を受け入れることを学ぶ時期

もあります。

 

 

そうして心がもうひと回り

大きく成長すると、ムダな

こだわりがそぎ落とされ、

嬉しい結果につながったり

します

 

 

 

 

 

 

そしてそのプロセスは

とても気持ちいいものです。 

 

 

 

 

 

 

ヨガとは、ただ体を変える

運動ではなく人生をより

豊にしてくれるツールです。