見るヨガ

2020/07/07

心がまるくなる七夕

心がまるくなる七夕

 

7月7日は七夕です。

あなたは大人になってから

自分の願いを短冊に書いた

ことはありますか?

 

 

 

 

私が小さい頃はおじいちゃんが

近くの山から竹をとってきてくれ

飾りをつけ願いごとを書きました

 

 

 

 

大人になった今、七夕の飾りを

目にするのは公共の場のみです。

 

そこでお願いごとを書くことは

なかなか無いですが、今年は偶然

にも書く機会がありました。

 

 

 

 

 

そこで気づいたのは、大人になる

と自分の願いに素直になることが

難しいということです。

 

 

 

 

 

たとえば若いころは想像力があり

ドキドキした恋愛を楽しめますが

 

社会にでて「楽しさより生活」が

優先になると、恋も仕事もお金も

いろいろな面で折り合いをつける

ことが上手くなります。

 

 

 

 

 

また、周りからどう思われるか

なり一般的に当たり障り

のないものを選ぶようになります

 

 

 

 

 

気づいた頃には

自分の願いが何なのか

考えることさえ忘れています。

 

 

 

 

 

仮に願ったとしても

可能な範囲のものばかりです。

 

一瞬、想い浮かんだことも

「ま~無理か。」と、あっさり

諦めるのも上手いです。

 

 

 

 

 

「できる・できない」の基準を

一旦、捨ててみましょう。

 

 

 

 

 

 

どんな体が理想でしょうか?

  

その体になったとしたら

あなたはどこへ行き

何をしたいですか?

 

 

 

 

家族や友人、職場の人とは

どんな関係だとあなたは嬉しい

ですか?

 

 

 

  

 

 

願いごとを考えることで

ガチガチな心がゆるみ

素直な自分がみえてきます。

 

 

 

 

できるかどうかよりも

素直なこころに気づく練習だと

思って、楽しく願いごとをして

みましょう。