見るヨガ

2020/04/08

自然にまかせる

自然にまかせる

 

仕事をしなきゃと

わかっているのに

働けないとき。

 

 

 

 

人の優しさに

感謝どころか怒りを

感じてしまうとき。

 

 

 

 

好きな人に、好きに

なってもらえるように

頑張っているのに 

空回りしているとき。

 

 

 

 

 

 

何もかもが上手く

いかないとき、あなたは

どうしていますか?

 

 

 

 

 

 

私たちの肌には

ターンオーバーといって

細胞が生まれ変わる

サイクルがあります。

 

 

 

 

 

 

まさに自然の流れです。

 

 

 

 

 

春には種をまき

夏に育て、秋には収穫。

 

冬になると全ての葉を

落とす時期になります。

 

 

 

 

 

木から離れまいと

逆らう葉はいません。

 

冬の風に身をまかせて

そこから散っていきます。

 

 

 

 

 

離れるもんか!

逃すもんか!

損するもんか!

 

とばかりに執着する

のは人間らしさでも

ありますが

 

 

 

 

 

とても息苦しく、息が

気持ちよく吸えません。

 

 

 

ガチガチになった体では

運気の巡りもよくありません。

 

 

 

 

 

そんなときは、

 

落ちるところまで

落ちてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

自分についている

色んな葉っぱを

落としてみましょう。

 

 

 

 

落ちて、落ちて、

落ちまくったあと

 

 

 

 

そんなあなたの側に

いる人は誰でしょうか?

 

 

そんなときに小さくても

喜べることは何でしょうか?

 

 

 

 

 

ドン底まで落ちてみても

あなたを支えているものが

あることに気づくはずです。

 

 

 

 

思っているよりも

落ちきれないものです。