見るヨガ

2020/01/15

やる気がでない

やる気がでない

 

「やろう!」「やらなきゃ!」

頭ではわかっていても

実際にやれない自分にがっかり

することはないでしょうか?

 

 

 

 

特に冬は、ふくらんできたお腹を

見て動かなきゃと思いつつも

毛布にくるまっていたくなります

 

 

 

わかっているけど動けな

そんな想いが心の奥にあると

人は焦りを感じたり、自分が

ダメ人間のように思えてきます

 

 

 

逆に言えば、思うように動けて

いるとき人は気分よくいられます

自信にも満ちあふれ、笑顔が多く

なるのでラッキーなことも増えます

 

 

 

では、やる気がでない時に行動力を

上げるにはどうすればいいでしょうか?

 

 

 

 

それは「やる気」に頼らないこと

です。そして完璧にやらないこと

です

 

 

 

 

5㎞ランニングした方がいいのに

家から出ることさえ面倒なとき…

 

 

5㎞走り切るという完璧を

目指すのはやめましょう

 

 

着替えてランニングコースへ

立つことができれば大成功です!

その後は家に帰ってもいいのです

 

 

 

 

家でゴロゴロした自分よりも

ここまで来ることができた

自分を好きになれます

 

 

 

 

習い事も、続くかわからないから

という理由で何もしないよりは

とりあえずやってみてから

決めるといいです

 

 

 

 

大切なのは、完璧にやることではな

実際に自分の体を動かすことです

 

 

 

 

小さくてもいいから動くと

脳の側坐核(そくざかく)という

やる気スイッチがONになり

思っていることを行動にうつせる

ようになります

 

 

 

思うように動けるので

ハッピーでいることができます

 

その気持ちよさは更に行動力を

上げ、どんどん想いが形に

なっていきます