見るヨガ

2020/01/11

人と比べる矢印を自分へ向ける

人と比べる矢印を自分へ向ける

 

ヨガレッスンではついつい

他人と比べてしまうものです

 

 

「あの人はあんなに足が開いている

のに私はこの程度しかできない…」

 

 

 

 

これは日常生活でも

よくあることです

 

 

 

何か得意分野をもっている人を

目の当たりにしたとき「自分には

あんなことはできない」「あそこ

まで人に見せられる特技など持って

いない」

 

 

 

などといったように、すぐに誰かと

自分を比べてしまうものです

 

 

 

 

そもそも、あなたが元々

持っている個性は何でしょうか?

 

 

 

ストレスが溜まった時に

とにかく誰かとしゃべりたい

人もいれば、1人ボーッと

することで癒される人もいます

 

 

 

 

世の中の全員がしゃべりっぱなしで

あれば、誰がその話を聞いてくれる

のでしょう?

 

 

 

世の中の全員が1人でボーッとして

いたら、経済が回らなく、今の便利

な社会は成り立たちません

 

 

 

それぞれが、それぞれの個性を

持っているから上手く回っています

 

 

 

どこにいると不快で、どこにいれば

快適なのか、それはマットの上でも

日常生活でもどちらにも言えることです