見るヨガ

2020/01/10

スポーツとヨガの違い

スポーツとヨガの違い

 

年末年始は2週間ほど

ヨガレッスンがお休みでした

 

 

毎週ヨガに参加される、ある生徒

さんはヨガがお休みの間は毎日

散歩をしていたようです

 

 

そんな生徒さんが久々のヨガを終え

たあとにこんなことを言いました

 

「やっぱりこの時間が必要だわ!」

 

 

 

 

 

毎日、運動はしていたのに

なぜヨガなのか?その違いは

他のスポーツにも言えることです

 

 

 

散歩やランニングでは考えごとを

したり、周りの景色や音楽に意識

が向いています

 

 

 

スポーツでは、ボールに集中し

たり次にどう動くか戦略を考え

たり、相手の動きを読もうとしたり

意識は自分の外にあります

 

 

 

 

ヨガは、自分のことをよ~く

観察するワークです

これを内観(ないかん)と言います

 

 

 

 

 

たとえば、散歩は何も考えずに

足を動かしている場合が多いです

 

 

意識的に大股で歩いている人でも

1mm単位で最大限の歩幅まで

大きく広げる人はいないでしょう

 

 

そんなことをしたら地面の

衝撃がひざの関節にひびいて

しまいそうです

 

 

 

そして散歩やランニングでは

リズムもあるため一番大きな歩幅も

一瞬で終わってしまいます

 

 

 

 

ヨガは、大きく広げた足に

あと数ミリの余裕があるのか

それとも3分キープするのが

いほどギリッギリなのか

 

わずかな違いを丁寧に調整します

 

 

 

 

一番ベストな体勢でやさしく呼吸を

入れると、かたくなっていた体

や心がじんわりほぐれていきます

 

 

 

体も気分も楽になり、さらに

動きたくなったり、自然と誰かへ

親切にしたくなります

 

 

 

 

いつもはストレスに感じることも

すんなり受け入れて許せてしまう

こともあります

 

 

 

ストレス発散というよりは心が

穏やかだからストレスに感じない

これはヨガを体験したにしか

わからない感覚かもしれません