見るヨガ

2020/04/27

3つの神様

3つの神様

 

ヨガには神様の物語があります。

 

 

 

よく登場する3つの神様を

今日はご紹介します。

 

 

 

 

① ブラフマー神(作りだす)

② ヴィシュヌ神(保ちつづける) 

③ シヴァ神(壊す)

 

 

 

 

この神様を意識して

呼吸をすると

一瞬一瞬が丁寧に感じられます。

 

 

 

 

 

吸う息に合わせ

ヨガポーズを作りだし

 

 

 

 

息を軽くとめ

保ちつづけることで

体や心を通し今この瞬間を

はっきりと感じることができます。

 

 

 

 

 

息を吐き

ポーズを壊すことで

また新しいポーズが生まれます。

 

 

 

 

 

 

「壊す」は終わりではなく

次の「作りだす」の準備です。

 

 

 

 

 

 

この繋がりを感じながら

呼吸をするとヨガが

もっと楽しくなります。

 

 

 

 

2020/04/08

自然にまかせる

自然にまかせる

 

仕事をしなきゃと

わかっているのに

働けないとき。

 

 

 

 

人の優しさに

感謝どころか怒りを

感じてしまうとき。

 

 

 

 

好きな人に、好きに

なってもらえるように

頑張っているのに 

空回りしているとき。

 

 

 

 

 

 

何もかもが上手く

いかないとき、あなたは

どうしていますか?

 

 

 

 

 

 

私たちの肌には

ターンオーバーといって

細胞が生まれ変わる

サイクルがあります。

 

 

 

 

 

 

まさに自然の流れです。

 

 

 

 

 

春には種をまき

夏に育て、秋には収穫。

 

冬になると全ての葉を

落とす時期になります。

 

 

 

 

 

木から離れまいと

逆らう葉はいません。

 

冬の風に身をまかせて

そこから散っていきます。

 

 

 

 

 

離れるもんか!

逃すもんか!

損するもんか!

 

とばかりに執着する

のは人間らしさでも

ありますが

 

 

 

 

 

とても息苦しく、息が

気持ちよく吸えません。

 

 

 

ガチガチになった体では

運気の巡りもよくありません。

 

 

 

 

 

そんなときは、

 

落ちるところまで

落ちてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

自分についている

色んな葉っぱを

落としてみましょう。

 

 

 

 

落ちて、落ちて、

落ちまくったあと

 

 

 

 

そんなあなたの側に

いる人は誰でしょうか?

 

 

そんなときに小さくても

喜べることは何でしょうか?

 

 

 

 

 

ドン底まで落ちてみても

あなたを支えているものが

あることに気づくはずです。

 

 

 

 

思っているよりも

落ちきれないものです。

   

  

2020/04/03

生きること

生きること

 

「食べる」は生きる上で

重要だということを

誰もが知っています。

 

 

 

 

着る・食べる・住む

は生活の基盤です。

 

 

 

 

 しかし、それ以上に

大切なことがあまり

知られていません。

 

 

 

それは「呼吸する」

ということです。

 

 

 

 

 

まる1日、何も食べず

にいてもすぐに死ぬ

ことはありませんが

 

呼吸をせずにいること

1時間と持ちません。

 

 

 

 

  

それだけ「呼吸」は

生命のエネルギーを

循環させるには重要

なものになります。

 

 

 

 

 

緊張やストレスがあれば

「深呼吸をしましょう。」

と言われます。 

 

 

マタニティになると出産

のために「呼吸がいいよ。」

とも言われます。

 

 

 

 

 

しかし、日頃、気にしなくて

できてしまう「呼吸」はいざ

やろうと思ってもやり方が

わからないものなのです。

 

 

 

 

 

まずは、今、息を吸って

いるのか吐いているのか

を気にしてみましょう。

  

 

口で吸っていますか?

鼻で吸っていますか?

 

 

 

 

 

どっちが正しいか

ということは一旦忘れ

 

目を閉じ、今の呼吸を

感じてみましょう。

 

 

 

 

 

 

●「肺にやさしいYOGA」とは?

 

 

 

1